アメリカのクレジットカードが作れない。オススメの会員カード

アメリカ駐在が決まって最初にやりたいことの一つにクレジットカードを持ちたいということがあります。多くの企業はアメリカの銀行口座(日本の東京三菱系のユニオンバンク)を作成されるはずで、そうすると銀行のキャッシュカードでデビット支払いが出来るため、クレジットカードが必要かどうかと言えば必要はないかもしれません。

しかし、支払いの全てをデビットカードにすると生活が慣れてきて、Amazonで何かを買いたい、ネットショップで何かを買いたいという時に買えないケースも出てきます。

クレジットヒストリーがない

となるとクレジットカードを作ろうとなるわけですが、アメリカだとクレジットヒストリーがない人にはクレジットカードが作れないというルールがあり、クレジットヒストリーの必要がないクレジットカードを作成し、そのヒストリー、つまりは支払いをきちんとそのカードで行って問題がないという結果を残し続けた、ということがないといけなくなります。

と言った状況から、日本からアメリカに行く駐在の人はアメリカのJALカードかANAカード、または両方を作ることになります。カードの運営会社は違いますが、日本と同じマイレージ番号を引き継げることもあり、マイレージを貯めている人にとってはアメリカでの買い物でマイレージが蓄積出来るという価値もあります。

ヒストリーが貯まるには半年以上買い物を続ける必要があり(場合によっては1年)、それまでに私はチャレンジして申請をしてみましたが、結果としては審査で落ちて作成できませんでした。

クレジットヒストリーができた時から大量の案内 でも注意が必要

作成ができてヒストリーが出来ると今度は大量のクレジットを作らないかという案内が舞い込みます。これはあくまで噂で、実例は聞いていませんが、その案内をゴミとして捨ててしまうと、それで他人の名前で作成する人が出てくるという噂が現地であり、必ずシュレッダーをするように注意を受けます。面倒かもしれませんが、リスクを減らすという意味ではぜひ注意してもらいたいところです。

作成できるようになって作成したのは、ガソリンスタンドのポイントが貯まるものと米国ディズニーに行くためのディズニーカードでしたが、ガソリンスタンドのカードは結果としてポイントの蓄積と安くなるという効果が今一つ分からず、結果として利用を中止しました。(正直に言えば、自動精算にしていなかったら、遅延請求があり、ポイント効果より支払い損が出てしまい、それが嫌で利用中止)

日本にいるよりも支払い金額が大きいものが色々とありますが、例えば出張と家賃、食事代などをクレジットカードで支払った場合、家賃だけで3500-5000ドルぐらいしますので、出張の内容によっては10000ドル近い月の請求額が入ることがあります。そうなると請求額の精算日までにさらに出張や何かの支払いが発生すると限度額を超えてクレジットカードが使えなくなるという体験をすることも発生します。日本ではあまり体験しないこともあり得る上に、日本語で調整できないケースもありますので、支払い管理をしていくことがより大切になります。

クレジットカードではないが便利な会員カード

アメリカ シリコンバレーにいて日常生活で買い物に行くとしたら、ターゲット(大変残念なことに、2020年6月の抗議活動で中部エリアですが襲われているシーンがテレビ放映されていました。アメリカにとって大切なスーパーの一つなのですが。そして素晴らしいことは、その数日後に自主的にターゲットを守る人たちが襲わせないようにガードをしているシーンも放映されていました)、ウォルマート、トレーダージョーズ、Safeway、ROSS(安い服)、CVSファーマシーなどですが、

ターゲットカード と Safewayカード、CVSファーマシー会員にはなることをオススメします。それぞれ行く機会は多いですし、5%オフなどの会員メリットがあるからです。ターゲットカードは自分の銀行から自動引き落としのデビットカードになりますが、それでもこのカードで支払うと価格オフになります。SafewayとCVSは提示するだけで支払いは別(デビットやクレジットカード)ですが、だからこそ必ず持つべきカードと言えるでしょう。

-未分類

© 2022 たいがーまさ通信 Powered by AFFINGER5