アメリカ駐在 渡米前に買うことをオススメするモノ

アメリカ シリコンバレーに来てからでも何でもある、のはありますが、どうしてもすぐに使いたい物、アメリカの方が高いモノ、など先に購入して持参した方が確実なモノは色々あります。

食べるのに必要なモノ

アメリカに行ったら食べない、というわけにはいかないので、食事・料理に関係するモノは必要になります。アメリカにも炊飯器も鍋も売っています。シリコンバレーであれば日系スーパーがマルカイ、ニジヤ、ミツワがあるので、そこへ行けばある程度何でも揃います。が、選択肢が少なくなりますし、毎日使いたいモノだと日本で購入し持参した方が安心です。

例えば炊飯器になるわけですが、もちろん電圧が異なるアメリカですので、変圧器が必要です。変圧器は日本から持参する電気製品のうち、どうしてもグローバル対応していないもの、または不安がある際に安心して使うことができるため、必需品です。私は2つ購入し、一つは炊飯器専用、もう一つは電気鍋などを使う際に利用しています。

3年間、ほぼ毎日利用していますが、変圧器、炊飯器ともに問題はなく、必須品として必ず購入して渡米してください。少し重いのが難点ですが、設置すると動かすことはないので、問題ありません。

読書・英語学習

本を読みたいという時は基本的にKindleにすることがベストです。が、どうしても紙の本を読みたいという時、紙の方が読みやすいと感じる本があるのは事実で、そのような本は買って持参した方が良いです。別の記事にある必ず読むべき本はKindleであれ、紙の本であれ、読んで、かつ持参することを強くオススメします。

シリコンバレーだとミツワの中に紀伊國屋が入っており購入は可能なのですが、南サンノゼのミツワまで出かけるのが面倒であること、学校関係の図書はここで買いますが、到着したらすぐに読んでおきたい本はやはり日本で買って持参すべきでしょう。

既にシリコンバレーに来る人であれば加入済みでしょうが、Kindle unlimitedとAudibleは日経新聞電子版などと同じく必須加入です。そもそも利用したことがないということで話題についていけないこともあり得ますので。

なお、Kindle Fireタブレットはすごくオススメタブレット端末です。iPadに比べて安い、本をカラー端末で読みやすい、そして何よりアレクサ(音声対応)があります。シリコンバレーに来て、3回ほど、音声機能を使ってどういうことができるかを他業種・他社の方と研究した機会がありました。しつこいですが、シリコンバレーにいて、アレクサもGoogle Homeも使っていない、ということはあり得ない、とまでは言えませんが、使っていた方が望ましいことは間違いありません。

私は電気のオンオフなどはGoogleHome、アレクサにはAmazonMusicの操作指示に利用しています。何ができて、何が自社の将来サービスに利用できそうかという検討視点でもぜひ利用してみてください。

健康グッズ

見た目はお洒落ではないかもしれませんが、よくアメリカの人は肩凝らないという噂があります。その観点でもこのようなグッズは日本ならではと言えそうですが、私は家用、オフィス用と2つ購入しているお気に入り品がこれになります。

鉄?製で軽い力で強烈に効きます。折れるようなこともなく安心してオフィスに置いておけます。持ち手が柔らかくずっと使っていても手も痛くならず快適、と強くオススメする一品です。

こちらは皆さんも持っていて引越し送付品に入れ込むだけですが、青竹踏みと耳かき、爪切りも必需品です。特に耳かきは折れたりすることも考えて数本以上必要。日系スーパーで買ってもいいのですが、何も、自分が気に入るモノかどうかが人によって異なるモノなので、持参を強くオススメします。

私はよくある質問?ゲーム?の、離島に一つだけ、または10個だけ持参可能になるとすれば何かと言われると、必ず耳かきを選択するぐらいなので、他の人とは違うかもしれませんが、耳かきのタイプによって気に入る、気に入らないがあるため、日本で皆さんが気に入ったものを複数準備して持ち込んだ方が良いです。

念のため、ノーマルなものが間違いないということで紹介しておきます。

こちらも渡米後、帰国してすぐに買って持ち帰ったものを。

爪切りも日系スーパーで買っても良いですが、気に入ったものを持参することをオススメします。大は小を兼ねますので以下のものも。

-未分類

© 2022 たいがーまさ通信 Powered by AFFINGER5