コロナ/COVID19 鼻マスク スタートアップAVA vs ノーズピットネオ

withコロナ時代にはマスクが必需品となっていますが、花粉症対策としても有名なノーズマスク=鼻に差し込むマスクもあります。これは口を覆わないので、人にうつさないと言う予防にはなりませんが、自分を守ると言う観点では利用効果が期待できます。

ノーズピットマスク(日本製)

コロナ対策というよりも、花粉症対策として有名な商品で、
・1個あたり約170円
・10回水洗い可能、3-5日は利用可能で1日あたり50円
・差込型で目立たない

ライバル製品として海外製のWoodyKnowsもありますが、日本製で値段も変わらないことから日本の方は買うのであればこちらを買うことになると思います。

ノーズマスクピットネオ お徳用 9個入 鼻マスク ウイルス対策 見えない 接客 正規品 鼻用マスク 花粉 インナーマスク マスクインナー 最新版【メール便(ゆうメール)送料無料】99.9%カット ノーズマスクピット 息苦しくない 蒸れない 花粉症 目立たない Nose Mask Pit NEO
価格:1446円(税込、送料無料) (2020/6/16時点)楽天で購入

さて、シリコンバレーのスタートアップ ピッチデーにおいて、類似した製品を開発したスタートアップがピッチをしていました。コロナ対策スタートアップの一つですが、類似している鼻につけるタイプの製品です。

スタートアップAVA

https://www.avabreathe.com

ホームページで見てもらえる通り、

・充電タイプの機械式でフィルター交換タイプ,12時間利用可能
・鼻に差し込むのはシリコンだけで鼻を覆う形になっている
・スマホアプリで自分のデータを管理可能
・見た目がかなり目立ち、違和感は高いが、これだけでなくマスクを覆うことで全体を隠すことが想定されている。
・定価約150ドル、現在キャンペーンで100ドルなので、日本円換算で10000円以上
・フィルターは30枚付与
・2020年6月時点で販売は米国と韓国のみ

10000円だとノーズピットマスク9個セットが7個買えます。63個のノーズピットマスクを持つと315日利用となるので、約10ヶ月は利用できます。

どちらを選ぶか

誰がつけても見た目が変な製品を選ぶ人は少ないように思います。装着していることをアピールしたい人には効果がありますが、口を覆わないと人にうつさないというリスクは回避できないので、周囲からのウケは良くなく、自分を守っているだけ、になってしまいます。

これを利用したい人という意味では自分の鼻の周りの空気状態をアプリが教えてくれるという点でしょうか。特に空気が汚いエリアで心配な方がデータも確認しつつ自分を守り、見た目はマスクをしてカバーする、のであれば価値はあります。もちろん現在は日本で売っていないため、アメリカか韓国に行った時に買うしかありませんし、フィルターも同様です。

空気汚染の測定器を購入するだけで約10000円することを考えれば、測定器 兼 鼻マスクという価値は高くなります。

シリコンバレー駐在、としてこれまでもこのような製品が出た時には自分で購入しテストをしていましたが、買うかどうか悩ましい製品ですね。装着してお洒落なイメージになるようにデザインを変えられないか、または口も覆う形にできないでしょうか。

-未分類

© 2022 たいがーまさ通信 Powered by AFFINGER5