シリコンバレー駐在準備 日本のテレビを米国で見たい

米国に駐在するとなった時に考えることの一つが、日本のテレビを観たいがどうするか、ということです。実は世界中のどこからでもインターネットTVとして観るサービスが複数あり、そのサービスに契約すればあらゆるチャンネルの放送内容を2週間ほど遡って観ることができるので、かなり便利です。

ただし、それらのサービスの利用料は高い上、毎年支払いが必要になります。もし日本に実家、家族が残っていないならばそのサービスか、日本では違法になりそうな機械を使って放送を観る方法しかありませんが、もし実家があれば、Slingboxを購入し、設置すれば日本のテレビを観ることが可能です。

SlingBoxの問題は
 ・日本に対応ビデオデッキと接続、設置し、電源をオンにする必要あり
 ・接続エラーになってリセットする際、設置場所にてリセットの必要あり
 ・設置された場所で家族がテレビを観ることを考えると別のビデオデッキを設置した方が良い
という問題です。百点満点ではない悩ましさがあります。しかし、実家がある、大学生などの日本に住む家族がいる場合は検討してみる価値があります。ビデオデッキ接続ですので録画視聴も可能です。

私は古いビデオデッキをSlingBoxにつないで観れるようにしつつ、新しいビデオをディーガにして外部から見れるようにしました。ディーガだけで良いじゃないか!と思ったのですが、残念ながら3ヶ月程度しか持ち運べず、それ以降は観ることができなくなります。iPadなどを日本で外部持ち出しできるように設定したら、見れなくなる期限までにそのiPadを日本で再設定しないといけない訳です。ディーガを購入し、数ヶ月単位で間違いなく自宅に戻れる人はこの方法が最も簡単かもしれません。これも日本の自宅が家族がテレビを点けると見れなくなるという注意点もありますが時差を考慮すれば最も安い方法にはなります。

さて、違法なのか違法ではないのかわからないですが、米国だと利用者も多そうで(中国系の人ですが)気にしない方は、とある製品を買って接続すれば日本のテレビが米国から観れます。アジア系の人はこれで米国から自国のテレビを観ているようで、しかもAmazonで普通に購入できるので、少なくとも米国では違法商品ではないのでしょうか。色々と考えることが面倒、かつ、値段の高いインターネットテレビサービスの契約に躊躇する方にはこの方法が残された手段になります。

これで日本から米国のテレビも見放題!だと思ったら、FOX/CBSなどのテレビは観れず、残念、、ということになりますので、あくまで日本のテレビを米国で生放送で観たい方、にだけ利用できる製品になります。シリコンバレーだと午前中が夜中の番組、夕方から朝の番組なので、昼の番組や夜のちょうど観たい番組が多い時間帯が厳しいですが、それでも日本の番組を観ると落ち着く、ということは感じますので、特にご家族のいる方は要検討です。

-未分類

© 2023 たいがーまさ通信 Powered by AFFINGER5