全米抗議活動 注意

黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官の拘束時に亡くなった事件に関連して、全米で抗議活動が報道されています。ついにサンノゼでも抗議活動が発生しており、単なる好奇心で近付くのは避けないといけません。

事件のきっかけは、偽造通貨利用があると言う通報を受けた警察が店の近くにいたアフリカ系黒人男性のフロイドさんを拘束。警察発表では抵抗したため押さえつけて拘束、となっていますが動画ではそのような様子がない中、フロイドさんが息ができないと言っているにも関わらず首を膝で押さえつけ続け、亡くなった様子が動画で写されていて報道されたことによります。事件があったミネアポリスが最も激しく抗議が行われていますが、ロサンゼルスなどを含めた各都市でも抗議活動が発生していました。サンノゼはサンノゼ州立大学の近辺で発生しており、警察と抗議する人たちで溢れており、ものものしい雰囲気が続いています。

先日もランニングをしていた黒人の若い男性が射殺される事件があったばかりですが、今回の事件は警察官が取り押さえている様子が動画でテレビ放映されたこともあり、多くの人の怒りを買っています。

報道では、抗議活動の流れの中で暴徒化している様子、パトカーを壊そうとしているだけでなく、ターゲットなどのスーパーを襲ったり、通行しようという車のガラスを割ったりする様子が報道されており、また抗議をしている人が拘束されている様子も報道されています。

アメリカが抱える問題が表出化していますが、ここ数日はコロナウイルスの報道も影を潜め、本問題が常時報道されている状況で収まる気配はなく、CNNでもスペースXの有人ロケット発射時以外は、この暴動及び暴徒化している各地の様子が常に報道されている状況になっています。

駐在者、現在はほぼいないとは言え、旅行者の人は注意が必要です。

-未分類

© 2022 たいがーまさ通信 Powered by AFFINGER5